tracker

日記

CAとのエッチしちゃった!!パート3

更新日:

さてさてとあるバーで出会ったキャビン・アテンダントとのエッチ体験談!今回でパート3になりましたがとうとう二人は‥合体!!したようですw羨ましい話ではありますがこれが意外や意外‥結構CAって肉食系の女性が多いようですね!今でも女性の人気職業ではありますが昔ほど、お給料もよくなく女性たちも積極的な男狩りをしてるようですねwされどそこは腐ってもキャビン・アテンダント、まあスタイル、顔共にええ女が多いことwそんな彼女たちとセックスしまくりたいですわw

63: 名無しの@ピンキー 2013/11/02(土) 12:03:22.70 ID:yyG1l1O4
あ、ID変わりまくりだけど1です

口移しで飲ましたり、ちょっと小ぶりのおっぱいを露わにし、
スパークリングワインを口に含んで乳首をコロコロしたり、
弄んだ

海外の彼氏がいるだけあり、いろんなプレイを楽しんだという話を
聴きながら・・・

マレーシアの高級ホテルでSMプレイをしたことや、ヌーディスト
ビーチの岩陰で、別のカップルがやってる近くでおっ始めた話や、
彼のは大きいが日本人ほど固くならなくて実は少し物足りない話、
俺とのセックスが約2か月ぶりで実はすごい興奮しているといった話・・・
いろいろ聞きながら彼女の身体を舐めまわした

ただ彼女は反応を口にする(喘ぐ)タイプではなかったから、ちょっ
と心配だった
でも声のかわりに、かわいい顔がどんどん歪んでくのがすごくかわい
かった。

64: 名無しの@ピンキー 2013/11/02(土) 12:04:16.76 ID:yyG1l1O4
俺は抱き締めた状態で、CAのあそこを指でスッとなでた。

「凄く濡れてるね。期待してた?」

と聞くと、CAは恥ずかしさを誤魔化すためか、無邪気な笑顔
でキスをしてきた。

我慢できずに俺はCAに挿入した

「んっ・・・・んっ・・・・」

とCAが我慢するような喘ぎを上げる。
腰を振ると、CAの小ぶりな胸も揺れる。

相変わらず喘ぎ声は少なげだが、静かにイクのはちょっと興奮した。

「イキソウ・・イク!・・・ン!・・・・ブルブルブル(体硬直)・・・フゥ・・・」みたいな

そんなCAとのセックスに興奮しながら、俺は射精した。

65: 名無しの@ピンキー 2013/11/02(土) 12:06:22.72 ID:yyG1l1O4
この日はこの一回と、寝起きの二回楽しんだ。

翌日、俺は仕事だったので、6時過ぎにはチェックアウトした。

彼女もいっしょに帰るとのことだったので、二人の地元駅まで
タクシーで向かった。

さすが地元バーで知り合っただけあり、彼女と俺の家はごく
近所だという事が分かった。

何せ同じ町名で3ブロック先くらいのマンションに住んでいた。

これからもまた飲もうねとあいさつし、楽しかったデートは終了した。

で、先週に引き続き、昨夜も一緒だったんだけど、実は彼女はどエロ
だったことをしった。

・・・生理中の彼女は挿入不可だが、溜まってるので俺の身体を
弄びたい・・・と言いだしたのだよ・・・聴きたい?

67: 名無しの@ピンキー 2013/11/02(土) 13:47:29.68 ID:m40QaFFG
CAたまらんな~

続き聞きたいッス!

69: 名無しの@ピンキー 2013/11/02(土) 14:54:04.46 ID:yyG1l1O4
>>67
鈴木ち●み似のCAがエロいってやばいよマジで!
ここ最近なかった興奮を覚えてるww
書き溜めてUPします

72: 名無しの@ピンキー 2013/11/02(土) 23:02:19.57 ID:1UZPWHN5
期待!
美人のどエロはまじでいい!
元カノがそんなんだったなーセックスしたくなってきた

73: 名無しの@ピンキー 2013/11/03(日) 03:28:20.29 ID:SgAC5BYp
CAって給料安いし、華々しい雰囲気にだまされた白人かぶれの情弱ねーちゃんが就職するイメージなんだが。

75: 名無しの@ピンキー 2013/11/03(日) 19:01:42.68 ID:flCs0DdA
>>73
昔は1000万クラスの給料もらって華やかな世界ってイメージ合ったけど、
今は派遣みたいなものってイメージあるね
話を聞くとかなり冷遇されてるらしい。人気職業に変りはないらしいが。

さて遅筆ながら続きを書かせていただきました・・・

76: 名無しの@ピンキー 2013/11/03(日) 19:02:39.88 ID:flCs0DdA
ID変わりまくりの1です。続き書きます

初デートから1週間たった金曜。俺は彼女と喧嘩してむしゃくしゃしていた。
で、CAと出会ったバーに入り浸って飲んでいた。
店に入ってから2時間たった23時ころ、メールが入った。

CA『俺さん今日飲んでます?』
俺『バーで飲んでるよー』
CA『今日は飲みよりお腹減ってるので、●●(近くの居酒屋)でご飯食べます』
俺『そうなんだ、そっち行ってもいい?』

77: 名無しの@ピンキー 2013/11/03(日) 19:03:32.31 ID:flCs0DdA
CA『あと15分くらいでお店着くので、それで良ければ・・・』

俺『俺にたかるんじゃないww適当に向います』

CA『そんなつもりじゃないですよw自分の分は自分で払いますw』

俺は先週のことを思い出しながらさっき頼んだばかりのバーボン
ソーダを一口飲んだ

メールから30分後、マスターや常連さんたちとの他愛無い会話も
そこそこに店を後にし、CAの食事している居酒屋に向った。

78: 名無しの@ピンキー 2013/11/03(日) 19:04:50.03 ID:flCs0DdA
ちなみに今回は手土産などは無い

店に着くとCAの前には、飲みというよりも食事といった雰囲気の
メニューが並び、おいしそうに食べていた。
地元の古びた居酒屋で鹿児島料理を中心として出すお店。
時間も遅いことから、客はCAと俺だけだった。
散々飲んでいたので、焼酎お湯割りと魚の塩焼きだけ頼み、
彼女の食事につきあった。
俺が入っていた時点で閉店時間となっており、店長との
日本S話もそこそこに、会計を済ませた。
占めて6500円。彼女が何としても自分の分を払うというので、
2000円だけもらった。

79: 名無しの@ピンキー 2013/11/03(日) 19:05:29.44 ID:flCs0DdA
0:15分頃店を出、寒そうなCAの手をそっと握る。CAも抵抗なく
手を握り返してきた。彼女も家の近所だし、抵抗なく一緒の方向に
歩き出す。

俺「食後のカキ食べる?」

CA「wwえ?」

俺「柿、実家から送られてきたんだけど、たくさんあってさw」

CA「たべたーい!・・・でも今日は何もしないよ?」

俺「何かするとか言ってないしwww柿っつっただけだしww」

CA「どちらにしろ今日生理始まっちゃったから無理だけどww」

俺「あんだよぉ・・・」

CA「そんなに凹む~??」

俺「ウソウソ。美味しい柿をどうぞw」

徒歩5分ほどで俺んち着。彼女をリビングへと通した。

80: 名無しの@ピンキー 2013/11/03(日) 19:06:57.95 ID:flCs0DdA
地方都市の最寄駅から徒歩5分ほどのアパート(築20数年)、
1LDKの部屋。リフォームされてるものの、所々30年近い
賃貸アパートの煤こけた感じは否めない、そんなどこにでも
ある部屋。
CAのマンションは10年くらい前に出来たそこそこ高級な
分譲マンション、比べればあからさまにランク落ち。
そして男の一人暮らし。

俺「あんま隅々見んなしw」

CA「男性の部屋ひさしぶりww」

俺「ハウスワインしかないけどいい?」

CA「少しだけもらう」

グラスを用意して、ワインを注ぎ、くつろぐように促す俺

81: 名無しの@ピンキー 2013/11/03(日) 19:07:41.09 ID:flCs0DdA
柿を切りながら、彼女と背中で会話するが、彼女の口数が少ない

俺「なにやってんのー」
と柿の入った皿をもってリビングに行くと、そこで彼女が!!!

腹筋をしていたww

部屋に置いてあるインナーマッスォを鍛える器具を使い、苦悶の表情
を浮かべていたw

82: 名無しの@ピンキー 2013/11/03(日) 19:08:33.90 ID:flCs0DdA
俺「wwwwちょwwwなにやってんww」

CA「こ、これちょっときついww」

俺「そりゃ俺の筋トレ用に合わせてるんだからきついっしょw」

CA「ホントに鍛えてんのwww」

俺のたるみ切った腹をプニプニするCA

俺「だからこれを何とかするためにだなww」

くだらない会話をしながらも、先週あったばかりのCAが完全に
くつろいでくれていることに何か感動さえ覚えた。

彼女との会話ではこうはいかない。

86: 名無しの@ピンキー 2013/11/04(月) 11:23:20.92 ID:jtbSx4Vr
俺「彼氏いるのに悪い子だw」
CA「彼女いるのに悪い人w」

彼女がその言葉と共に俺にもたれかかってくる

俺「ちょwwなんもしないんでしょ?」
CA「なんもしないよ?でもいいでしょ?このくらい」

俺「ま、まあ・・・」

少しの沈黙が続いた

87: 名無しの@ピンキー 2013/11/04(月) 11:23:56.50 ID:jtbSx4Vr
すると、おもむろにCAが大勢を変え、おれの唇を奪った。
焦ることなく受け入れる俺。
濃厚なディープキスを堪能した。先週よりも長いディープキス。
前回よりも彼女が積極的な気がする

キスを楽しんでいると、今度は彼女の手が俺の下腹部に伸びてきた

俺「ちょwwそこは、は、腹w」
CA「かわいいww」
メタボ全開の腹をサワサワさするCA・・・そしてその手は更に下に
伸びてきた

88: 名無しの@ピンキー 2013/11/04(月) 11:24:47.18 ID:jtbSx4Vr
無反応の俺をいいことに、彼女の唇は頬から耳、首すじへと
移動していった

その間も止まらない下腹部への刺激。彼女の手はベルトへと
移動し、カチャカチャとベルトを手慣れた手つきで外した

俺「おっふ・・・なんもしないんじゃなかったの?」

CA「だめ?」

俺「ダメじゃないけど・・・おっふ・・・」

パンツの上から俺の息子をもてあそび始める。グラスを持っていて
ヒンヤリとした感触が息子に感じる。
俺も応え、彼女の胸に手を伸ばす

89: 名無しの@ピンキー 2013/11/04(月) 11:25:32.65 ID:jtbSx4Vr
CA「今日は胸張って痛いから待って」
触らせてくれない

これは今日は・・・そういうことか?

俺は彼女に身を委ねる覚悟を固めた。

ソファには、あおむけに寝そべる俺、それに覆いかぶさるように
彼女が重なる

突然、彼女は立ち上がると、部屋の電気を消し、吊るさっていた
ネクタイを手に取った。

90: 名無しの@ピンキー 2013/11/04(月) 11:26:22.42 ID:jtbSx4Vr
そして戻ってくると、そのネクタイで俺の両手首を縛った

CA「こういうことしたことある?」

俺「・・・ない・・・」ちょっとウソだった

CAは俺の首のネクタイもほどき、今度は俺に目隠しするように
ネクタイを縛った

無抵抗な俺。両手首は正直縛りが緩かったが、あえて何も言わな
かった。

まっ暗闇の中、縛り終わると、それまで感じていた彼女の体重が
またなくなった
そして腰辺りに触れた・・・と思った瞬間、パンツとスーツのスラッ
クスを同時にずり降ろされた。続いて靴下も・・・

91: 名無しの@ピンキー 2013/11/04(月) 11:27:06.25 ID:jtbSx4Vr
俺「・・・大胆だね・・・」

CA「・・・・・・たのしいでしょ?」

完全に小悪魔化した彼女。

俺の右足首辺りを持ち上げると、指先に暖かさを感じた

彼女の唇、そして舌だ

親指から順番に、指の間も丹念に舐め始める。

言い忘れたが、風呂には入っていない。足のにおい、
汚れほかいろいろ気になったが、もうそれどころではない。
感触は左足へと移った

92: 名無しの@ピンキー 2013/11/04(月) 11:28:02.65 ID:jtbSx4Vr
「CA、ど変態だ」

俺は確信した

CA「気持ちいいでしょ」

俺「う、うん・・ん・・」

CA「もっと舐めてほしい?」

俺「うん、舐めてほしい」

CAは今度は、俺の両ひざ裏あたりに手を持っていくと

グイッ!と両足を持ち上げた
所謂M字開脚の状態

ヤバい!と思った俺は

俺「っつちゅちょ!wwちょっとま」

彼女は俺のお尻の中心部を思いっきり、べろん!と舐め始めた

93: 名無しの@ピンキー 2013/11/04(月) 11:28:46.19 ID:jtbSx4Vr
もう一度言う

俺たちは風呂に入っていない

そしてごめんなさい。グロいですね

激しく、ときにやさしくチロチロと、舌先で肛●を刺激するCA

俺「やっべ恥かしい・・・」

CA「恥ずかしいだけ?」

俺「・・・気持ちいい・・・」

CA「ww・・・ねえ四つん這いになって」

俺「う、うん・・・」

94: 名無しの@ピンキー 2013/11/04(月) 11:29:34.01 ID:jtbSx4Vr
四つん這いになる俺

CAは四つん這いになった俺の肛●をまた刺激してくる

そしてCAは

興奮しながらも半立ち状態の俺の息子に手を伸ばし、しごき始めた

興奮しまくりな俺。正直、風俗嬢よりエロい
だれに教わったんだwとかいろいろな妄想が更に興奮を誘発する

俺「ちょ・・・俺ばっか気持ちよくなってる・・・」

CA「いいの。今日はそういう日なの。だから気持ちよくなって」

95: 名無しの@ピンキー 2013/11/04(月) 11:30:28.69 ID:jtbSx4Vr
この子は小悪魔な天使だ!俺はもうどうしようもなく、
彼女にされるがままとなった

CA「いたいの大丈夫?」

俺「えww何するつもり?」

CA「こんなのどう?」

と、いきなりのスパンキング2発!!

俺「ちょ!それ無し!ww後つくし、明日彼女来るんだからw」

CA「むかつくー」

ともう一発!

俺「ちょwwマジ無しで」

CAはケタケタと笑いながら「ごめんね」と叩いた所を舌で弄んだ

あーダメだ、興奮してまた息子が元気になってきた。

96: 名無しの@ピンキー 2013/11/04(月) 11:31:20.62 ID:jtbSx4Vr
また仰向けになると、すっかり元気な息子を口に含むCA

ただ残念なのは、おれは口ではイケない体質だということ
CAにそれを伝えると

CA「私が何もされてないのに、イケると思ってるの?ww」

小悪魔はどこまで行っても小悪魔だww

一通り俺の息子の方さを堪能した彼女は、俺の耳、首筋を
攻めながら

CA「私つかれちゃった・・・自分でして」

などと言いだした

98: 名無しの@ピンキー 2013/11/04(月) 11:46:32.00 ID:jtbSx4Vr
>>97
意味わからんがありがとう。これで書けるわ

ここまで来て逆らえるわけがない。

彼女の首筋・耳への攻撃はやまない。俺のオ●ニーのリズムに合わせ、
彼女の呼吸も荒くなっていく。

CAという彼女のステータスでは考えられないほどのど変態を全身に
浴び、快感を覚えながら、俺は果てた・・・

-日記
-, , ,

Copyright© ツーショットダイヤル人妻伝言クラブ , 2018 AllRights Reserved.