tracker

日記

CAとのエッチしちゃった!!パート1

更新日:

女性の会社着、制服姿って‥大変エロいですよね。。

何ででしょうか‥以上に興奮しますよね!

マックのアルバイトの女の子の制服。看護婦さんの白衣姿。携帯ショップの定員の制服。

そしてキャビン・アテンダントの制服姿。。最高です!!

日々妄想するわけですわ。制服姿の女子を制服のまま無理矢理犯して

中出しして顔射して‥齢52になりますww

今日はCAとのセックスできるまでの記事を2ちゃんねるで見つけたので

拝見あれ!妄想だけでも勃起するw

1 :名無しさん@ピンキー 2013/10/27(日) 19:47:02.18 ID:PIySxhcU

なるほど。無理めの女でもこうやって落ちるのかと思った出来事。
参考になると思うが、ききたいですか?

2 :名無しさん@ピンキー 2013/10/27(日) 19:53:32.24 ID:PIySxhcU

聴きたくなくても書いちゃお。記念投下だ

CA(キャビンアテンダント)スペック
身長164㎝
体重50Kg(自称)
年齢27歳
見た目は鈴木ちなみを大人っぽくした感じでかなり美人
スタイルはすこぶる良い。本人曰くバストはD
国内航空会社のCAとして勤務。関東の空港勤務

俺スペック
身長174㎝
体重75Kg(典型的なビール腹)
年齢36歳
さえないサラリーマン。見た目は普通のはずだが、
目がエロすぎ(北村一樹ぽい?)とCA談

3 :名無しさん@ピンキー 2013/10/27(日) 19:54:05.11 ID:PIySxhcU

きっかけは行きつけの地元のバー。いつものように仕事を終えた21:00、
地元駅につき吉牛並(サラダセット)を腹に入れ、そのまま帰るのも
寂しいなと行きつけのバーに足を向けた

その店は商店街を少し進んだ先にあるビルに構える場末のバー。
店内の趣は良いものの、ビル自体がぼろい為、一見客は躊躇して
入れないような雰囲気はあるが、地元のジジババや酒好きには人気
のリーズナブルな老舗バーではある。

4 :名無しさん@ピンキー 2013/10/27(日) 19:54:45.66 ID:PIySxhcU

マスターは地元でも有名なバカ息子(いい意味で)で、良いワインを
仕入れては常連に振る舞い、なんかよくわからんが2杯飲んでも10
杯飲んでもいつも2500円しかとらない変わり者。
(メニュー表もないし、料金がほぼわからんが、とにかく安い)

その日もカウンターにはいつもの服屋店長や、齢70を超えた酒屋
の店長、地元信用金庫の課長など、いわゆる常連が顔を並べていた。

5 :名無しさん@ピンキー 2013/10/27(日) 19:55:47.00 ID:PIySxhcU

常連たちと他愛もない会話を楽しんでいると、マスターの携帯が
鳴った。

「おー●●ちゃん。うん、やってるよー。席空いてるよー」
みたいな軽い会話。

電話を切ると服屋が「なに?●●ちゃん来るの?!イエーイ!」
などと言い年のオヤジのテンションが急に上がり、みんなの
テンションも上がるのが分かった。

俺「ねえマスター、●●ちゃんて誰?」
マ「あれ?俺君、●●ちゃんしらなかったっけ?いつも来てるのに」

そう偶然にもそこにいた常連の中で、俺だけ●●ちゃんと遭遇した
ことが無かった。

6 :名無しさん@ピンキー 2013/10/27(日) 19:56:50.43 ID:PIySxhcU

服屋「●●ちゃんて20代のCAやってる子なんだけどね。今年の頭に
   居酒屋で一人で飲んでるところをナンパしちゃったんだよねー」

俺「はぁ?オヤジ(実際50代)が何やってんすかぁww」

課長「たかられてるだけだよww」

服屋「いや、俺はあの子落とせるね。もうちょっとだよ」

マ「いやマジむりだから。服屋さん見てると愛らしいわぁw若い子に
  入れあげるオヤジの典型www」

服屋「うるせーwwいいんだよ。こうやって一緒に飲めるだけで。
   お前ら手出してねーだろうな!」

全員(「無理っしょー」「彼氏かっこいいらしいよ」「CAとか高嶺す
   ぎww」など)

などなど盛り上がっていた

7 :名無しさん@ピンキー 2013/10/27(日) 19:57:29.19 ID:PIySxhcU

俺ももちろん当たり前のように無理系な部類であることは分かって
いる。この時点では何も期待していないヘタレで、ただかわいい子
と飲めたらいいなくらいしか思ってなかった。

俺「そのCAちゃん、結構来てるんですか?」

マ「月に2,3かな?俺君があったことないなんて意外だなー。
  みんな知ってると思った。
  すごいかわいい子だよぉ。ちょっと変わった子だけどww」

俺「変わった子?メンヘラ的な?」

マ「いやいや、普通だけどw楽しい子だよ」

8 :名無しさん@ピンキー 2013/10/27(日) 19:58:02.27 ID:PIySxhcU

それからしばらくして酒屋と銀行員が帰ったが、残りのメンバーは
相変わらず愚だ愚だとバカ話を繰り返していた

おもむろに店の扉が開く気配を感じた

マ「CAちゃんいらっしゃーい」

時は来た

俺はおもむろに、そして面倒くさそうに、wktk感を隠すように、
顔を向けた

15 :名無しさん@ピンキー 2013/10/28(月) 02:48:42.02 ID:7O7UQ092

え?

・・・・・・えーーーーーーーーーーーーー!!まじかーーーーーーーー!

目の前に現れたのは、マジでモデルかタレントかと言わんばかりの美人だった
後光が差していた。輝いていた。そしてエロかった

CA「こんばんは―」

服屋「CAちゃんこっちこっち!」

などと慣れた素振りで服屋は自分の隣にCAちゃんを招いた

図にすると
  マスター
   ○
[[[[[[[[[[[[]]]]]]]]]]カウンター
    〇 ○ ○ 
    CA 服 俺

まあ当然な並びだ

16 :名無しさん@ピンキー 2013/10/28(月) 02:49:30.21 ID:7O7UQ092

酒を頼み、みんなで乾杯し、CAちゃんも俺に目線を合わせ
「お疲れ様ですー」みたいに気軽に絡んでくる

マ「CAちゃん、俺君しらなかったっけ?」
CA「そうですね~初めましてですよね?たぶん」
俺「そーですねーこんな店でこんな美人さんと会ってたら
忘れるわけないですよ~」

マ「おまw店もう来んなww」

など、いきなりなごみモードで楽しく飲みはじめた

その後も、相も変わらずくだらない緩やかで居心地の
いい時間が流れてった。

17 :名無しさん@ピンキー 2013/10/28(月) 02:50:05.41 ID:7O7UQ092

ここまでの時系列
21:00 吉牛飯
21:20 バー入店
22:15頃 CAちゃんからTELあり 
22:30 酒屋、課長帰る
23:00 CAちゃん登場

0:00も迎えようとした頃、服屋の携帯が鳴った。奥さんからの電話のようだ。
「毎日いつまで飲み歩ってんのーーーー!」的なことだろう。後ろ髪をひかれながら渋々と帰って行った。

さあ!きた!!!

とはならない

18 :名無しさん@ピンキー 2013/10/28(月) 02:51:10.44 ID:7O7UQ092

だって綺麗すぎるんだもの。無理っぽいんだもの。和やかに
飲むくらいしかできない。

俺「マスター、でもこんな綺麗な子が常連さんでいるなんて
全然知らなかったですよ」

マ「俺君がしらなかったなんてねー。二人ともちょくちょく
きてるのにね」

CA「これからヨロシクお願いします」

俺「あ、ああ(汗)よろしくお願いしまっす・・・チキショ本当かわいいすね」

CA「俺さんもイケメンさんですね。オジサンたちばかりと思ってまし
た。このお店」

マ「ww俺君、手出したら服屋さんに怒られるよー」

俺「い、いやいや無理でしょ。こんなかわいい子が俺なんて相手に
してくれないですよ、ねー」

CA「えー俺君かっこいいですよ。・・・目がエロくて素敵ですウフ」

俺「・・・え?」

19 :名無しさん@ピンキー 2013/10/28(月) 02:54:01.98 ID:7O7UQ092

CA「エロいですよ目。最近見ない感じでセクシーな感じ」

俺「え?え?あ・・・あはははは有難う、お世辞でもうれしい」

マ「CAちゃんも俺君のことからかわないでやって」

CA「えー本当ですよー。私タイプです」

CA「ウソww」

マ「あ、あはは、はは・・・・」

俺は勃起したw

20 :名無しさん@ピンキー 2013/10/28(月) 02:55:21.49 ID:7O7UQ092

その後も3人で他愛もない会話などをしていると、俺の煙草が切れ、
マスターも煙草を買いたいということで、買い出しに行ってくれた。
店には俺とCAのみになった。

24 :名無しさん@ピンキー 2013/10/28(月) 11:09:51.50 ID:7O7UQ092

なんか寝落ちした。今日は一気に書けるかな…
かくよ!

俺「さっき俺のことエロいっていってたでしょ?そんなにエロい?」

CA「エロエロですよ。セクシーって意味でね。『目で殺す!』て感じ」

俺「あはは・・・うれしいな。CAちゃんもセクシーで俺ずっとドキドキしてる・・・」

CA「・・・ありがとうございます・・・・」

俺「・・・・」

・・・

・・・

うぉーーーーーーっ!!なんの話すりゃいいんじゃー!!
早くマスター帰ってこいよ!!場を和ませろ!
うぉーーーーーーーーーっ!!
(以上、心の叫び)

25 :名無しさん@ピンキー 2013/10/28(月) 11:12:00.99 ID:7O7UQ092

CA「俺さん、ご結婚されてるんですか?」

俺「ほら(左手を見せる)、してないよー」

CA「彼女は?」

俺「一応いるよ」
CA「いちおう?w」

俺「いるいる!可愛い彼女が。CAちゃんは彼氏は?」

CA「あはは、いますよ。海外ですけどね」

(萌える俺・・・

海外彼氏は出てこないので詳細は省く)

俺「そりゃいるよねー、こんな綺麗なんだから。
  でも寂しいねあまり会えないと」

CA「うん~、お互い束縛しないし、気楽ですけどね。
  でも寂しいでは寂しいすよねー」

・・・・などと探り探り、そしてたどたどしく会話が続く中、
やっとマスターが返ってきた。

26 :名無しさん@ピンキー 2013/10/28(月) 11:13:38.26 ID:7O7UQ092

マ「さて、そろそろ閉める時間だよ」

時間は1:00amを回っていた。

俺「あ、そっかゴメンゴメン帰るわ」

CA「ごちそうさまでしたー」

マ「あ、そうだ俺君、○○○て店知ってる?」

俺「あ~知ってるよ、行ったことないけど。美味しいって有名だよね」

CA「どこですか?それ」(店の詳細は省く)

マ「実はそこの大将がこの前飲みに来てくれて、今度行きまーす!
  って言ったきり行けてなくてさ。ちょっとどんな店か見てきて
  くんない?△△(バーの名前)のマスターに聞いたって言えば
  良くしてくれるから」

27 :名無しさん@ピンキー 2013/10/28(月) 11:50:05.84 ID:7O7UQ092

俺「あー全然いいっすよ。いつ行こうかな・・・」

CA「私、明日空いてますよ」

俺「え」
マ「え」

・・・

CA「・・・え?」

28 :名無しさん@ピンキー 2013/10/28(月) 11:51:48.53 ID:7O7UQ092

なぜかみんなで笑いが起きる

CA「あ、い、あ、いや、そうじゃなくて、私も気になるかなって。
  美味しいんでしょその店(焦)」

マ「あははは、O.K!2人に行ってもらおう!命令な!」

俺「え?え?マジで?CAちゃんもいいの?あ、あ、じゃあ連絡交換
  しなきゃ」

こうしてマスターのGJもあり、CAちゃんとの急なデートが決定した。

翌日、メール(とLINE)で連絡を取り合い、時間と待ち合わせ場所を
決めた

-日記
-, , ,

Copyright© ツーショットダイヤル人妻伝言クラブ , 2018 AllRights Reserved.